<< 湘北建築高等職業訓練校 | main | 雪や寒さはふすまの敵 >>

国産と中国産のイ草の香り

 こんにちわ。
今日は国産と中国産の香りについての豆知識です。
一般の方の見た目では区別がつき辛いと思いますが、一番違いが分かるのがこの香りだと思います。
香りを言葉で説明するのは、とても難しいのですが、色々なお客さんに比べていただいて、「国産の方がいい」と言ってもらっています。

畳替えをする際にはこのことを頭の片隅に入れて、畳屋さんに体験させてもらうとよりしっくりした畳の部屋が出来上がるので良いでしょう

| 畳(初めて畳替えやる人向け記事) | 14:36 | - | - | pookmark |