<< 大和市のお宅の畳を納品畳縁:ブルーの引き締まりが◎ | main | 畳替えをしようとする方へのアドバイス 畳縁カラー2話 >>
畳替えをしようとする方へのアドバイス 畳縁カラー編1話

こんにちは。海老名 大矢畳店4代目です。

 

畳替えをする時にどのような印象の部屋にしたいのか、一人一人考え方が違うかと思います。

 

例えば「イ草の香りが好きだから、香りに合わせて、すっきりした色合いの部屋にしたい」

そうなると縁付きの畳なら畳縁のカラーや細かい模様で部屋の雰囲気が変わっていきますので、畳縁選びが重要になります。

 

畳替えをした後に「失敗した!こんなカラーにしないで別の色にすればよかった!」

そんな事にならないために、部屋の雰囲気の参考になるよう、じっくり見ていきましょう。

 

1.畳縁のカラー編

 青・紺系の色の場合

 紺縁まとめ紺縁まとめ 紺縁まとめ紺縁まとめ 紺縁まとめ紺縁まとめ 紺縁まとめ紺縁まとめ 紺縁まとめ紺縁まとめ 紺縁まとめ

紺系 紺色

無断転載禁止

ご覧の通り、青・紺系の色の一部ですが、画像で見るだけでも雰囲気の違いがわかるはずです。

 

実際は画像で見るより、近かったり、遠かったりするのでもっと違いがでるように感じると思います。畳のゴザの良し悪しは勿論ありますが、全体を通してみると、畳の色が畳縁の色に引っ張られているように感じられませんか?

 

 私個人の見解ですが、色の濃い畳縁を付けるとイ草の色味が濃く感じられ「部屋に高級感」ある雰囲気。

また、色が薄い畳縁をつけるとイ草の色身が少し薄めに感じられ「部屋に清涼感」とした雰囲気になる感じがします。

 

職人は色々な体験をしていますので、些細なことや抽象的な表現(例えば、カッコイイ部屋)でも、伝えてみてください。

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

いかがでしたか?少しでも「こんな風な部屋がいいな」と思えるものが見つけられたら、うれしく思います。2話に続く

2話目は緑色の畳縁場合の特集です。

 

今後も、様々な畳縁を随時更新していきます。

| 海老名・綾瀬・座間の畳 施工集 | 02:32 | - | - | pookmark |