<< 畳替えをしようとする方へのアドバイス 畳縁カラー編1話 | main | 年数使用しても隙間が出にくい。「新畳」の最重要性 >>
畳替えをしようとする方へのアドバイス 畳縁カラー2話

前回に引き続いて内容になりますので、畳替えをした後に「失敗した!こんなカラーにしないで別の色にすればよかった!」にならないように、1話目を見てない方がいたら、コチラの方から先に読んでいただけると幸いです。

 

多くの方は「今の畳と同じ色が安心して付けられるから」と同じ色を選びやすいと思われますが、同じ色でも明るい・暗い、濃い、薄いなどもあるので、別の色にチャレンジしてみてもいいんじゃないでしょうか?

写真を見ていただいて、長く使う部屋の雰囲気をイメージできるようなっていただければと思います。

 

〜続〜畳縁カラー:緑色の場合

さてさて、今回は畳を作らさせていただいて、人気NO.1のカラー「緑色」の特集です。

 緑色安心感や安定、調和の色で気持ちを穏やかにして、心をリラックスさせてくれる効果があります。

「畳だと落ち着いて、ホッとできる」のなんとなくが思えるのはこのせいじゃないでしょうか。

まあそのお陰で、私はゴロゴロしているといつの間にか寝てますが(笑)

「ちょっとお疲れの方」や「よく寝たい!」という方にいいんじゃないでしょうか?

 

効能に続いては、数ある緑色の縁を見て、部屋の雰囲気にあったものを見つけていきましょう。

緑縁

 

緑縁

緑縁

 

緑縁

緑縁

 

緑縁

緑縁

 

緑縁

緑縁

 

緑縁

緑縁

 

緑縁

緑縁

 

緑縁

 

緑縁

緑縁緑縁

画像の無断転載禁

当店の畳縁の種類だけでも、これだけの緑色があります。1話の方に私の色の濃さでの印象を書きましたが同じように感じます。

しかし、緑色の場合は「銀色の刺繍や金色の刺繍」が多く含まれれば含まれる分だけ、日に当たった時に輝くので、「色鮮やかな部屋」、逆に少なければ少ないほど「落ち着いた部屋」の印象になると感じます。

 

以上になりますが、理想の和室に近い画像や選び方は見つかっていただければうれしい限りです。

海老名 畳 情報発信でした。 

 

 

| 和室の雰囲気の選び方〜知恵袋〜 | 15:28 | - | - | pookmark |